ホーム > 病院情報 > 所属紹介 > 看護部 > 所属紹介

看護部所属紹介

2階病棟(急性期・地域包括ケア病棟)

2階病棟(急性期・亜急性期病棟) 2階病棟(急性期・亜急性期病棟)

2階病棟は整形外科を中心とした急性期の病棟です。同じフロアに手術室が並列しています。
整形外科疾患の患者様にはクリニカルパスを運用し、術前・術後の看護を丁寧に行います。早期の在宅復帰をめざし一人ひとりの患者様に合わせて、手術やリハビリテーション等の看護支援を行っています。
看護師・准看護師としての専門性を高め、チームワークを大切にし、地域の皆様に信頼されるように看護・介護を真心をこめて提供しています。

3階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

3階病棟(回復期リハビリテーション病棟) 3階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

回復期リハビリテーション病棟は、疾病などにより障害を持った患者様が住み慣れた在宅に戻るため、一定の期間集中的にリハビリを行っている病棟です。その中で看護師・介護福祉士は、患者様の健康管理、日常生活の介助、病棟リハビリの実施、他職種との連携、患者・家族の精神的支援、退院指導などを行っています。また、患者様・家族が在宅での生活がイメージできるよう早期からの家族介入や家屋訪問、在宅カンファレンスを実施し、スムーズに在宅生活が送れるよう地域事業者との連携も大切にしています。

外来

外来 外来

3診療科がある外来には、毎日100人前後の患者様が診療を受けに来られます。
整形外科は、救急要請も24時間対応しております。
外来では、限られた時間の中で、患者様が、心配に思っていることや、困っていることにお答えしたいと考えています。安心・安全で納得した医療・看護を提供できるよう、それぞれが自己啓発し、知性あるやさしさで最善の健康生活を支援できるよう邁進しております。

手術室・中央材用室

手術室・中央材用室 手術室・中央材用室

当院手術室は2階フロアに位置し、手術室1室、中央材料室があります。
手術は整形外科を主とし、入院中の患者様はもちろん、外来の患者様の手術も手術室で行っています。手術件数は月平均40~50件ほど行っています。
手術に関しては、リラックスできる環境に配慮し、看護師は、専門的知識と技術をもって手術が安全に行われること、患者様が安全安楽が十分に配慮された手術看護を提供できることを目標にスタッフ一同がんばっています。普段は帽子とマスクで顔はほとんど見えませんが、笑顔で患者様に対応し手術室の雰囲気が明るくなるよう心がけています。