ホーム > 病院情報 > 所属紹介 > 看護部 > 人材育成

人材育成

教育方針

 ひとりひとりの能力や関心にあわせた成長を支援し、温かい看護・介護の実践力を高める

教育目標

  • 指導者会との連携を図り、クリニカルラダー目標に沿った人材育成と看護・介護実践力向上を目的とした研修を実施する
  • 実習指導病院としての教育環境整備・充実を図ると共に、指導者を育成する
  • 中途採用者の支援の充実を図る

院内研修

年間約70回の院内研修があります。一人ひとりのラダーに合わせた研修や、自由に参加できる「専門研修」や「トピックス」など、興味やワークライフバランスに合わせたスキルアップを応援しています。

院内研修 院内研修

クリニカルラダー

指導を受けながら一連の看護過程が実践できる

↓

自立した看護実践ができる

↓

看護実践のモデルとなれる

↓

組織に対して影響力が発揮できる

求められる能力資質
↓
求められる能力資質

柔軟性に富んだ組織変革ができる

ラダー目標

レベルⅤ組織目標を達成するため、主体的にマネジメントができる
レベルⅣ社会的動向を踏まえ、専門分野の能力の向上を図り、実践を通してスタッフ・学生に指導ができる
管理的機能を理解し上司の補佐ができる
レベルⅢ-2病院全体の状況を把握し、専門的知識、技術の経験に基づいて、リーダーシップの発揮ができる
実践を通してスタッフ・学生の指導ができる
レベルⅢ-1所属の特徴を理解し、専門的知識、技術の経験に基づいて、リーダーシップの発揮ができる
レベルⅡ-2メンバーシップを発揮し、リーダーシップがとれる
レベルⅡ-1日常業務に関して、患者の安全と安楽を考慮し、自立した実践ができる。メンバーシップの発揮ができる
レベルⅠマニュアルに沿って、部分的に指導を受けながら、日常の看護業務の実践ができる。
チームの一員としての役割を理解し、行動ができる

本部研修

多病院が集まって開催される本部研修や学会、TMG交流制度など大きなグループならではのスケールメリットがあります。

院外研修サポート

看護協会や回復期リハビリテーション病棟連絡協議会などの専門研修受講も積極的にサポートしています。
回復期リハビリテーション看護師認定修了者もいます。キャリアアップを応援しています。