平成29年度 戸塚共立リハビリテーション病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数-20111532335311913646
当院は整形外科を中心とした救急告示病院です。特に60歳以上の患者の占める割合が70%を超えております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等6736.0127.090.0081.22 
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし5840.9319.940.0077.88 
160760xx97xx0x前腕の骨折 手術あり 副傷病なし326.035.210.0063.63 
070370xx99xxxx脊椎骨粗鬆症 手術なし2936.3422.440.0081.69 
160850xx97xx0x足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし2315.359.490.0038.39 
手術が必要な骨折や怪我による入院患者も多く、大腿骨骨折や胸椎、腰椎の圧迫骨折、前腕の骨折の病名が挙げられます。平均年齢を見ると、大腿骨の骨折、胸椎、腰椎の圧迫骨折は高齢の患者、前腕の骨折は10歳代から80歳代の幅広い年齢層の患者です。高齢の患者さんが転倒などで大腿骨を骨折された場合、在院日数が比較的長くなる傾向があります。高齢の患者さんの多くが手術後に在宅(自宅)に向けてのリハビリを目的として、回復期リハビリ病棟に転棟しリハビリ中心の入院加療を行います。スポーツや転倒などで前腕を骨折した場合、手術を行い6日前後、足関節・足部の骨折の場合も15日前後の入院で自宅に帰られます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌--------
大腸癌--------
乳癌--------
肺癌--------
肝癌--------
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では癌症例はございません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症---
中等症---
重症---
超重症---
不明---
当院では肺炎症例はございません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内----
その他----
当院では一般病棟における脳卒中症例はございません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0462骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)482.3112.270.0060.13 
K0461骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)383.2422.240.0081.39 
K0483骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿)321.062.970.0048.47 
K0811人工骨頭挿入術(肩、股)304.4025.870.0079.13 
K0821人工関節置換術(肩、股、膝)232.7847.430.0075.48 
骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)、骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)、人工骨頭挿入術(肩、股)の患者様は緊急入院が多いため術前日数は3~5日となります。術後は回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病床へ転棟しリハビリ中心の加療を行い、自宅や施設へ退院されます。骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿)、人工関節置換術(膝、股)の患者様は予定入院が多く、入院翌日には手術を施行しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一--
異なる--
180035その他の真菌感染症同一--
異なる--
180040手術・処置等の合併症同一--
異なる--
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症の症例はございません。手術・処置等の合併症については、転倒等による人工関節の脱臼、人工関節感染、術後創部感染の入院患者様が若干おります。手術や処置などの合併症をおこさないように細心の注意を払って施行していますが、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に説明いたします。
更新履歴
2018/09/28
平成29年度 病院指標を公開しました。



大きな地図で見る

〒245-0024
横浜市泉区和泉中央北1-40-34

詳しくはこちら